読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生楽しんだもん勝ち。

男性声優と若手俳優が好きな女子大生が、どうでもいいことを語るブログ

声優と舞台俳優に沼る女子大生の経緯②

①の続きです。

 

“声優”という存在を認識したのは中学生くらいの頃だったと思います。興味は1ミリもなかったのですが、周りにアニヲタや声優ヲタはちらほら居たので、有名どころの名前や顔は知ってました。

でもアニメはもともと見ないタイプの人間だったし、アニメといえばド○えもんとか、サ○エさんみたいな国民的なやつしか浮かばなかったです。

 

そんな私がヲタク生活を一変させられた(大袈裟)、価値観を変えさせられたお方が梶裕貴さんという訳です。

一番最初に梶くんを認識したのはとある動画サイトだった気がします。関連動画を適当に漁っていたら、たまたま20代前半の頃の梶くんを見つけた感じです。

はじめは「なにこれ、声優さん?」と、興味本位で見ていたのですが、可愛らしいお声と見た目に「なにこの人、かわいい…和む…」的な感じで癒されたことを覚えています。

正直声優さんってビジュアルがあまり良くないイメージ(失礼)があったので、こんな人もいるのか!可愛い!と興味を持ちました。

なによりその“声”。

声優さんなので皆さんいい声を持っていることは当然かもしれませんが、透き通るような、ちょっと鼻にかかったような綺麗な声が耳に残ったんですよね。

以前櫻井孝宏さんが「エンジェリックボイス」とおっしゃっていたのですが、仰る通りだなと思いました。

梶くんを認識してからどっぷり沼るまでのスピードは今迄の比じゃないくらい、もの凄い勢いでハマりました。

過去出演作のDVDやらCDやらを買い漁り、当時出演していたアニメのチェック、今迄掲載された雑誌、写真、ポスター、グッズ……。手に入れられる範囲ではほぼ網羅した気がします。

ファンになって2.3ヶ月でいきなり東京遠征もしました。アニメのイベントって基本都内近郊でしかやらないんですよね。

ずっと舞台俳優を追っかけていたので、声優さんのイベント現場はとても新鮮でした。正直言ってやっぱりアニメ界の方が独特というか、一般人の方からしたら抵抗のある雰囲気というか、上手く表せないけどあるような気がします。(まぁ舞台俳優界も端から見たら恐ろしい)

 

アニメグッズをジャラジャラつける、所謂“痛バ”は衝撃的でした(笑)おお、これがアニメヲタクってやつか!って思いましたね。

 

梶くんファンになってから、舞台沼はすっかり疎遠になりました。今の新人声優さん達や、アーティスト活動をしている方は握手会やらお渡し会やら舞台俳優と同じようなイベントを行っているので何とも言えないですが、梶くんはアニメやドラマCD、ゲーム、ラジオ等への出演に加えて関連イベント、たまーにトークショーくらいで、接触イベントは今は無いに等しいので、これくらいの距離感が“役者のファン”って感じでいいなって思いました。 

 

アニメ系のイベントはDVDに優先申込券が付いてるパターンが殆どで、当たるか当たらないかは作品の人気、会場の大きさ、キャスト人気、それから運で決まる訳ですが、一時期落選続きだった時もありました。まあ、円盤積む程力も入れてなかったので当然かもしれませんが(笑)イベントに外れて行けなくても、毎週テレビを通して声は聞けるし、ラジオでも声は聞けるしって感じで、何というか、舞台俳優さんと違って媒体を通して接することができる訳です。

最近はよく当たるようになって、多い時は月4回くらい関東に遠征してます。(ほぼ毎週ですね………)

 

梶くんの魅力とか、演技については長ーーーくなりそうなのでこの辺にしときまして、、、

 

そんなこんなで、すっかり舞台沼を卒業し、声豚()になった私をまた舞台沼に引っ張りだそうとしてる、いや引っ張りだしたのが木村達成くん。

たつなりのことはテニミュから知っていて、私基本的にテニミュは歴代海堂を好きになる癖?みたいなのが付いてまして、顔も綺麗だしスタイルも抜群、海堂ピッタリだし普通に好きな俳優さんでした。

ただ私がこれまでファンになった俳優さん達って皆“かわいい”タイプの人たちなんです。たつなりはパッと見の感想“かっこいい”が出てくる高身長イケメンだし、元来タレ目が好きな私にとってあの目付きの悪さ(笑)は決して“タイプ”では無い訳です。

なのに何故か気になる、、、頭に残る、、、本当に不思議でした。

確かにめちゃくちゃイケメンなんですが、4年程梶くん一筋だった私が一体どうしたんだ⁉︎と自分の中では大きな出来事でした。(どうでもよすぎ)

 

そして何より!!!!

舞台 ハイキュー で、ギリギリに保っていた何かが崩れ去っていったような気がします(笑)

 

ハイキューに関しては原作ファンでして、それはもう熱狂的な原作ファンでして、キャラクターの中では主人公コンビが大好きです。

アニメグッズにここまで手を出したのもハイキューが初めてだし、劇場版はアニメ総集編というのに特典缶バッジの為に何回も映画館通ったり、東京にイベント参加しに行ったり、と見事なクソヲタになりました。

原作、アニメのハイキューが大好きだからこそ、舞台化の話を聞いた時は「え………あれを再現出来るの…?実写化する必要性は無い…」と思っていたんです。観に行く気も無かったです。

ただキャスト発表がされて、影山たつなりを見た時はビビッときましたね。トビオちゃん大好き人間なので受け入れられるか不安だったんですけど、ビジュアルは文句無いなって思いました。ちょっと男らしく、イケメンになりすぎじゃない?とは思いましたけど(笑)

 

ハイキューという作品自体のファンだった事もあり、影山たつなりはかなり気になってしまったので結局観に行った訳ですが……………

 

影山飛雄がそこにいる

 

って衝撃を受けたのです。

影山の声優である界人くんもおっしゃってたんですけど、セリフの言い回しの仕方というか、抑揚のつけ方というか、漫画からインスピレーションを受けた界人くんの演技を、かなり研究してるなって感じたんです。 

すっかり彼が演じる“影山飛雄”に魅入られる自分が居ました。

 

木村達成のファン、というよりは「役者としての木村達成のファン」になった瞬間だった気がします。

それからは出演舞台に映像作品など、追える範囲で応援させてもらってます。

 

こんな感じの経緯で今現在楽しく沼に浸かっています(笑)

 

、、、以上です。(笑)